脊柱管狭窄症の改善について

脊柱管狭窄症による日常の悩みや不安

脊柱管狭窄症で悩む男性

腰痛にも様々な種類があり、中には動けなくなるほどの重い症状があらわれるものもあります。脊柱菅狭窄症も、そんな深刻な腰痛の1つ。

  • 歩いていると足がしびれ、痛みを感じ、長く歩くことが出来ない
  • 腰から足にかけて強い痛みを感じ、姿勢を維持できない
  • すぐに足が痛くなってくるので思う存分動くことが出来ない
  • 起床時に、腰や足に痛みを感じ辛い
  • 病院でのレントゲンの結果、骨がつぶれていると診断されて不安

これらの症状は、赤坂元気堂にいらっしゃった患者様が、実際に訴えられた悩みの一例です。症状を抱える方の多くに共通していることは、強い痛みを感じており、それが行動に制限が生じてしまっていること。しかし、それ程重い症状であるにも関わらず、有効な治療を受けられず、痛みをごまかして耐えている方は少なくありません。

赤坂元気堂の施術なら脊柱菅狭窄症は手術無しで改善が可能です

階段の上り下りも楽になります

「脊柱菅狭窄症は治したいけど手術は避けたい」という方は多く、実際に当院へいらっしゃる方のほとんどは同じ悩みをお持ちです。医者から手術を勧められるほどの症状でも、赤坂元気堂の整体施術を受けた患者様の内、約80%の方が痛みから解放され健やかな日常を取り戻されています。

脊柱菅狭窄症から解放されれば、歩いたり、階段を上り下りしたりすることが辛くなくなるのはもちろん、ゴルフやランニングといったスポーツも思う存分楽しめるようになるでしょう。また、痛みからくる不安も無くなるので日々を楽しく過ごすことができるようになります。

脊柱管狭窄症の原因について

腰椎の模型

腰椎の特定部位に負担がかかり過ぎると、腰椎のズレが脊椎の中心部である椎間板にまで及ぶ場合があります。これによって腰椎とその下の仙骨との隙間がなくなるほど狭くなることで脊柱管狭窄症となります。

脊柱管とは背骨、椎間板、関節、黄色靭帯などで囲まれた脊髄の通るトンネルと考えて下さい。加齢と共に背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靭帯が厚くなったりすることによっても狭窄は発生し、神経が圧迫され痛みを引き起こします。

腰椎は全部で5つあり、上から第1腰椎、第2腰椎というように名前がつけられているのですが、脊柱管狭窄症は一番下にある腰椎5番が原因箇所であるケースが多いことがわかっています。腰椎5番からは足部を司る神経が多数出ている為、脊柱管が狭くなり、これらの神経が圧迫されることで、足に痛みや違和感を生じさせるのです。

脊柱管狭窄症は、他の腰痛に比べて腰部に感じる痛みが少ないとは言われていますが、実際の所は激痛を伴う方もおり、個人差が大きい症状であるといえます。

立位でいる状態、つまり背筋が伸びている時に、足にしびれや痛みを感じることが多いので、続けて長い距離を歩けなくなることも特徴のひとつ。症状が悪化すると、足の力が落ちたり、排尿障害が出たり、逆に尿漏れを起こすこともあります。

脊柱管狭窄症を根本改善し再発しない身体へ

整体で再発防止

当院では脊柱管狭窄症の原因となっている腰椎5番に対して独自の施術を行ないます。

この施術方法は、足部や腰部の痛み・しびれがすぐに無くなる様な、即効性のあるものではありません。しかし、継続的に治療を行うことで、ある日を境に突然症状が軽くなったり、無くなったりといった改善経過をたどります。

治療に必要な期間の目安としては、概ね2~3カ月程度。5分も歩くと歩行困難になってしまう患者さまを、手術なしの整体治療で全快させた事例もあります。また、一度効果が出て改善してしまえば、再発することが少ないのも当院の施術の特徴です。

辛い脊柱管狭窄症の症状。リハビリや改善することを諦めてしまうその前に、当院の施術を受け、痛みに悩まされることの無い生活を手に入れてみませんか?脊柱菅狭窄症による脚の痛み・痺れにお悩みの方は、ぜひ赤坂元気堂までご相談ください。

初回限定全額返金

赤坂駅2番出口すぐそば!

地図イラスト

〒107-0052
東京都港区赤坂2-14-31 WIND AKASAKAビル6F

お気軽にお電話下さい03-3589-5955

email メールでのご相談ご予約も受け付けいたします