椎間板ヘルニアの改善について

椎間板ヘルニアにお悩みの方へ

見過ごすと悪化する椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、手術をしなければ治らないと思っていませんか。実は、手術が必要な椎間板ヘルニアは、全体のほんの数%に過ぎません。

  • 朝は楽だが、日中時間が経ってくると、だんだん痛みや痺れが出てくる
  • 初めは腰の痛みだけだったが、最近はお尻から足にも痛みや痺れが出てきた
  • 整形外科でヘルニアと診断されたものの薬と湿布だけで何もしてくれない
  • 怖くて重いものを持ちあげられない
  • 治ったと思って運動をすると、また同じ痛みをぶり返す

上記のような症状や悩みがある方は当院の施術を受けることをおすすめします。

当院には、他の病院や治療院で改善が見られなかったという方が多くいらっしゃいます。検査の結果、注射や手術をすすめられ、受けたくないというご相談もありますが、当院では患者さまのほぼ全てを改善へと導いています。

多くの患者様が手術なしで回復しています

手術をしなくても治るケースが多いです

赤坂元気堂は開院以来20年にわたって、多くのヘルニア患者様を見てきました。来院された多くの方は手術を受けずとも症状が改善され、下肢の痛みや障害に対する不安から解放されています。椎間板ヘルニアを患う前と同じ様に、スポーツを思う存分楽しむことができるようになった方も少なくありません。

また、腰の痛みが無くなることでぐっすり眠ることができるようになり、座り仕事中も痛みが出ないので、集中して取り組むことができるようになったという声も多くいただいています。

椎間板ヘルニアの痛みは常につきまとうものなので、その症状を解消することは、生活の質を向上させることに繋がるといっても過言ではないでしょう。

椎間板ヘルニアの原因について

腰椎椎間板の模型

椎間板ヘルニアには、頚椎椎間板ヘルニアと、腰椎椎間板ヘルニアの2つがありますが、いずれも骨盤から脊柱(背骨)にかけてのゆがみ、そして頚椎・腰椎の大きなズレが原因だと考えられています。

どれほどひどい椎間板ヘルニアの症状であっても、初めはごくわずかな骨盤や脊柱のズレから始まります。徐々に大きくなったズレは、頚椎や腰椎にまで及びある一定のところを超えると、本来クッションの役割を持つ髄核が椎間板から出てしまうのです。これによって神経が圧迫され、椎間板ヘルニアにともなう痛みや痺れがあらわれます。

また、喫煙などの悪い生活習慣、不安やストレスといった精神的な要因、遺伝による影響なども、椎間板ヘルニアと深い関係があるといわれています。

椎間板ヘルニアは進行性であるため、適切な治療をおこなわないと、いずれ脊柱管狭窄症などを発症し歩行にも支障をきたすようになる可能性があるので早期の施術が重要です。

赤坂元気堂の施術であれば椎間板ヘルニアを根本改善が可能です

カウンセリング風景

当院では、椎間板ヘルニアによる症状がみられる場合、いきなり患部に触れることはしません。なぜなら、損傷部位にいきなり触れると、かえって症状悪化のリスクが高くなるからです。

そのため、最初は遠位アプローチといって、患部から離れた場所からバランス状態を改善していきます。具体的には、胸椎へのアプローチから始めて、順に頚椎・腰椎へ施術を施していくのです。これによって頚椎や腰椎への負荷の減少が見られれば、次に、頚椎や腰椎そのものへとアプローチしていきます。

当院独自のソフトな痛みのない施術により、心地よくインナーマッスルを緩めていきます。そうすることで、関節をミリ単位で調節し、痛みの原因を取り除くのです。

症状の特徴として、手や足に痺れや痛みが出ているケースが多いのですが、施術を繰り返すことによって、徐々に手足のしびれや痛みが身体の中心部へと移動していきます。それとともに、首や腰そのものに強い痛みが表れますが、これは治療がうまくいっている証拠。そのうちに首や腰の痛み自体がなくなります。

いったん症状が改善して、2~3ヶ月症状がでないようであれば、椎間板ヘルニアを再発するようなことはほぼありません。

あなたのその痛みはきっと赤坂元気堂で取り除くことが出来ます。椎間板ヘルニアにお悩みの方は、まずはお電話かメールでお気軽にご相談ください。

初回限定全額返金

赤坂駅2番出口すぐそば!

地図イラスト

〒107-0052
東京都港区赤坂2-14-31 WIND AKASAKAビル6F

お気軽にお電話下さい03-3589-5955

email メールでのご相談ご予約も受け付けいたします